やさしい日本語HP、地震で注目

熊本、大分両県で相次ぐ地震を受け、災害などの緊急時、外国人に分かりやすく情報を伝える「やさしい日本語」を研究する弘前大人文学部の社会言語学研究室が、ホームページで「やさしい日本語クイックレファレンス」を公開しているそうだ。
クイックレファレンスは二次災害を防ぐ呼び掛け文や避難所内のポスター例など、必要な情報がすぐ参照できるとのこと。「水の無料配給を知らせる」「テレビで外国語のニュースがあることを知らせる」など40項目以上の例示があり、これまで豪雨災害や震度5以上の地震の際に公開してきたという。
緊急時は付きっきりの英語通訳や多言語対応が難しく、外国人が命を守る情報を得にくい。学生たちは外国人支援に携わる行政職員やボランティア団体などに向けて発信し、避難所や防災無線などで「やさしい日本語」を活用するよう提案しているとのこと。
熊本県内で地震が発生した14日以降、HPのアクセス数が通常の倍近い1日平均1500に急増。9割以上が新規の利用者だったという。
研究室の佐藤和之教授は「今回は揺れが続き、誰もがどうすればいいか分からない状況。外国人だけでなく、多くの人を助けられる言葉として活用してほしい」と話しているそうだ。
日本に住んでいる外国人や観光客も数多くいることだろうから、こうしたサイトが緊急時にはとても役立ちそうだ。

グーグルマップにミス、解体する家間違う

グーグルマップに登録されていた住所が間違いだったため、解体業者が関係ない住宅を壊してしまうという事態が起きた。
誤って壊された住宅は、昨年竜巻で自宅が損壊していた女性の家である。解体予定の住宅とは1区画離れており、通りの名前が違ったという。
女性は、解体業者は、番地や立地、竜巻による損傷を確認していたが、通りの名称は確認しなかったとしている。
CNNMoneyの取材に対し、女性は「グーグルマップのミスで家を失った」と応えた。
グーグル社はマップの誤りを認めており、原因を調査しているという。広報担当者は、問題の2軒の住宅が同一の住所に登録されていたといし、現在は修正済であるとした。
この事件、果たしてグーグルと解体業者、どちらが悪いのか。
解体業者は誤って解体した住宅の夫妻に、直接謝罪をしたそうだ。また、本来解体するべきだった住宅も近いうちに解体作業に入るという。
確認を怠るのは悪いが様々な不運が重なった出来事だった。日常的にグーグルマップを使うことも多いが、完全に正しいとは限らないことを念頭に置いておきたいと思う。

Mステにオリラジ、反響相次ぐ

お笑いコンビ・オリエンタルラジオが率いるダンス&ボーカルユニット「RADIO FISH」が3月11日、テレビ朝日系の人気音楽番組「ミュージックステーション」に出演しました。
話題の楽曲「PERFECT HUMAN」を生披露すると、ツイッターなどでは「普通にかっこいい」、「凄かった」などと反響の声が相次いだ。
「RADIO FISH」は、人気お笑いコンビのオリエンタルラジオの中田敦彦と藤森慎吾によるダンス&ボーカルユニット。
オリエンタルラジオ・中田敦彦の実弟でダンサーのFISHBOYやShow-hey、SHiN、つとむを加え、パワフルかつスタイリッシュな歌唱とパフォーマンスを繰り出します。ここ最近、中高生を中心に人気が広がって、オリラジの4度目のブレイクとして話題になっています。
3月11日の「ミュージックステーション」に出演を果たし、番組のトリを飾りました。

ムスリムのバービーがSNSで人気

バービー人形にイスラム教の女性が髪を覆うためのスカーフ「ヒジャブ」をかぶせた着せ替え写真が、インターネットの画像共有サービス「インスタグラム」で人気を呼んでいるらしい。
ナイジェリア人学生のハニーファ・アダムさんが数週間前に投稿を始めたそうだ。インスタグラム上でバービー写真のアカウントを見かけたことがきっかけだったという。「そういえばヒジャブを着用したバービーは見たことがないと思い、新たなアカウントを開設して手作りの服を着せることにした」という。
アダムさんは最近、英国で薬理学の修士号を取ったばかり。ヒジャブをかぶせたバービーを「ヒジャービー」と名付け、イスラム教徒の少女が目指したいと思えるような「上品な人形」だと強調する。
「根底にあるのは私自身の宗教と文化的背景です。バービー人形の大胆な服装がいけないというわけではないけれど、イスラム教の女の子たちに新たな選択肢を示してあげたいと考えたのです」と話す。
そんなアダムさんの思いに賛同し、ヒジャービーを「購入したい」といった声が世界中から集まっているそうだ。アカウントの読者は1万9400人に達したという。
一方で、ヒジャブ着用は女性の「抑圧」を意味するといった批判的な声も寄せられているという。アダムさんはこれに対し、「イスラム教の女性は体を覆うことを強制されると思われがちだが、私たちのほとんどは自発的に、宗教の表現として覆いを着用している。髪を覆わないイスラム教徒も多いけれど、だからといって信仰心が薄いということにはならない」と話す。
アダムさんはヒジャービーを「世界にイスラム教徒の実像を知らせ、誤解を解くための絶好の機会」ととらえているそうだ。
バービー人形のメーカー、米マテルは先月様々な体形や肌の色などをそろえたバービー・シリーズを発売したばかりだ。画一的な痩せすぎの体形が現実離れしているとの批判に対応したものだ。
バービー人形を通して、イスラム教徒の女性について知ることができるというのはいい機会だ。

産廃業者、ローソン、イオンも転売

ココイチの冷凍ビーフカツの廃棄品が産業廃棄物処理業者ダイコーに転売され、スーパーなどで売られていた事件。最初に発覚してから、その後マルコメのみそ、セブンの豚肉製品の廃棄品転売も判明した。
さらにローソン、イオンの製品も転売されていたことがわかったという。仲介業者みのりフーズで調査を進めたところ、ローソンの製品と、イオンのソーセージ、煮物が見つかった。これらは賞味期限が切れたり、包装が破れたりしているとしてダイコーに処分を依頼されたものだった。
岐阜県では、他にも転売された食品がないか、引き続き確認と調査を進めているという。
産業廃棄物処理業者の数は多くないのだろうか。毎日のように廃棄品転売の発覚数が増えていくが・・・。

「クリスマスの悪夢」流行

「クランプス」という悪魔が今、米国で人気者になっているそうだ。クランプスとは、オーストリアの民間伝承に登場する、半分ヤギ、半分悪魔の姿をした怪物のことだ。クランプスはサンタクロースの起源と言われている、子供たちにプレゼントを配る聖ニコラウスとは対照的に、悪い子供たちを叩いたり、連れ去ったり、さらには地獄へ引きずり込んだりするそうだ。
米国でクランプスが突如脚光を浴びた理由については、アートディレクターのモンティ・ビーチャム氏が火付け役を自認しているという。ビーチャム氏がクランプスを知ったのは、あるコレクターからクランプスが描かれた19~20世紀の郵便はがきを見せてもらったことがきっかけだという。その後彼は、自身が発行するコミック誌でクランプスはがきを紹介し、2004年と2010年にはそれらを集めた本も出版した。
1冊目の本を出して間もなく、ビーチャム氏のところにカリフォルニア州のギャラリーから連絡が入り、クランプスはがきの展覧会をやりたいとの提案を受けたそうだ。展覧会は大成功で、以来クランプスを題材にした展覧会のキュレーションを任されるようになったそうだ。そのあたりからクランプスの人気は雪だるま式に高まっていったという。
クランプスのはがきが販売されるようになったのは、オーストリア政府が郵便はがきの生産管理を手放した1890年以降で、この商売は甥に繁盛したそうだ。それから第一次大戦までの間にドイツの企業が国内やオーストリアなどでクランプスのクリスマスはがきの販売を行った。子供向けのはがきには、恐ろしげなクランプスが子供たちを怖がらせたり、背中に担いだ籠に入れてさらったりしている絵が描かれている。1903~1904年頃には大人向けのはがきも登場し、女性をさらったり女性に求愛しているようなものが多かったという。
オーストリアやドイツの一部では、クランプスナハトにクランプスに扮して子どもたちを怖がらせる19世紀の風習が今も残っているそうだ。
現在米国で行われているクランプス関連の行事は、ほとんどが仮装してお酒を飲むといった大人を対象としたものだそうだ。こうした過ごし方は実は、子供とプレゼントを中心とした行事になる前の、古い時代の米国のクリスマスによく似ているという。
かつてはクリスマスと言えばにぎやかなお祭り騒ぎをする日で、いわばハロウィン、大晦日、マルディグラを混ぜ合わせたようなものだったそうだ。当時は仮装をした人たちが家々のドアを叩いて要求し、出さなければ騒ぐぞと脅すことがごく当たり前に行われていたという。現代の子供たちがハロウィンにやる「トリック・オア・トリート」はこの習慣から健全な部分だけをのこしたものとも言える。
クリスマスの形は時代と共に変化していくものであり、この先クランプスが一般の人々にも受け入れられるほど有名になるかもしれない。日本で流行る日も、そう遠くないのかも?

楽天、ムネリン獲得に向け調査開始

楽天が、アメリカのメジャーリーグ・ブルージェイズに所属する、川崎宗則内野手の獲得に向けた調査をしていることが10月27日にわかりました。
今季の楽天は正遊撃手を固定できずにシーズンを終わり、センターラインの強化は大きな補強ポイントとしています。
川崎宗徳内野手自身が、5年ぶりの日本球界復帰を決断をすれば、古巣のソフトバンク、オリックスなど複数球団との争奪戦となる可能性があります。
楽天は、2年連続最下位からの巻き返しへ、経験豊富なメジャーリーガーに熱視線を送ります。
今季限りで、ブルージェイズとの契約が切れる川崎は現時点で来季の去就は未定となっています。
日本球界への復帰も選択肢とされる中、楽天が正遊撃手として補強候補にリストアップした模様です。

ヒマラヤで211新種発見

世界自然保護基金(WWF)がこのほど公表した報告書によると、ヒマラヤ山脈東部一帯で2009~14年の間に新たに211種の野生生物が見つかったそうだ。
雨が降るとくしゃみをする猿など、興味深い新種も含まれているという。新たに発見されたのは植物133種、魚類26種、両生類10種、無脊椎動物39種、爬虫類、鳥類、哺乳類がそれぞれ1種。ブータン、インド北東部、ネパール、ミャンマー北部、中国チベット自治区南部が調査対象となった。
「くしゃみをする猿」は、10年にミャンマー北部の森林で確認されたという。鼻が上向きのため雨中でくしゃみをしやすく、降雨時に頭部を膝の間に隠して濡れるのを避ける習性があるという。このほか、地上でも4日間生息できる「スネークヘッド」と呼ばれる青色の魚や、赤や黄など派手な色の毒蛇、バナナの3種も見つかった。
WWFによると、調査対象は「生態学的に脆弱な地域」で、昔ながらの生息環境が残っているのはわずか25%に過ぎないという。今後どうやって保護していくのかということも課題となりそうだ。

DAIGO、チャリティーマラソン100キロ完走

ロックミュージシャンでもあるタレントののDAIGOが23日、毎年恒例となっている日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ38愛は地球を救う」でチャリティーランナーとして100キロマラソンに挑戦をし、メインパーソナリティーのV6やHey!Say!JUMPら出演者が見守る中、東京北の丸公園の日本武道館で涙を流しながら無事にゴールテープを切り完走した。
DAIGOは22日の19:09にスタート。
全国7606キロ、450人のランナーが北海道と沖縄からつないだ2本のタスキをかけて、スタートを切った。
スタート直後はにこやかな笑顔で、沿道の声援に手を振って応えていたDAIGOだが、次第に左足に違和感を感じるようになり、眉間にしわを寄せる厳しい表情へと変化していった。
23日の7時頃の休憩所では、「想像以上にしんどいです。自分の想像をはるかに超えた足の痛みだったり・・・。正直きてますね。」と改めて厳しい道のりを言葉にした。
厳しい暑さの中、体中が悲鳴を上げるも、声援に必死に応えながら、ひたすら前へ前へと足を動かしたDAIGO。
ついに武道館にその姿を現すと割れんばかりの声援が鳴り響く中、たくさんの思いの詰まった重い絆のタスキを見事につないでみせて「まさに「HM(走りました)」でしたね!」と得意の「DAI語」で表現をした。

運動中の水分、飲みすぎに注意

なぜか真夏になるとあちこちで開催される「耐久レース」。自転車、マラソン、トレイルランニングと競技はさまざまだが、参加者は競技中の水分補給に気を遣っていることだろう。しかしこの水分ほきゅ、一歩間違えると「低ナトリウム血症」という致命的な状態を引き起こすことがあるという。先日、米国から競技中の水分補給に関するガイドラインが発表された。
低ナトリウム血症は、血液中のナトリウム濃度が極端に低くなった状態を指す。兆候は意識が遠のくような感じや、手足のむくみ、吐き気や頭痛など。放置すると錯乱など脳機能障害の症状が現れ、昏睡状態から時には死に至るという。
運動誘発性の低ナトリウム血症(EAH)は、アスリートが水やスポーツドリンクなどを必要以上にがぶ飲みした時に発生しやすい。エクササイズ時間が4時間を超える運動や、軍事訓練並みのジムワークのEAHリスクは高く、当然、耐久レース関係は最も症例報告が多い。
意外なのは、ホットヨガなどもEAHリスクが高いということだ。発汗率が低いところにもってきて、生真面目に水分捕集し過ぎると体格の小さい女性はすぐに「がぶ飲み状態=低ナトリウム血症」に陥るそうだ。また、運動慣れしていない人の汗はナトリウム濃度が濃い。つまり体内からナトリウムが失われてしまうため、EAHリスクが高くなってしまうのだ。
EAH新ガイドラインの勧告はいたってシンプル。「喉が渇いた時だけ、水分を補給するように心がけること」というものだ。乾く前の水分補給を指導された経験があると受け入れ難いかもしれないが、今の世界の趨勢は「乾いたら、飲む」だ。
自分の水分補給量が適正かどうかを調べるには、いつも通りの水分補給で運動前と運動後の体重を比較すると良いそうだ。運動前より体重が増えていれば給水過剰、3%以上減っていたら逆に給水不足とのこと。自分の体の大きさに合わせた水分補給を心がけることが大切だ。