ヒマラヤで211新種発見

世界自然保護基金(WWF)がこのほど公表した報告書によると、ヒマラヤ山脈東部一帯で2009~14年の間に新たに211種の野生生物が見つかったそうだ。
雨が降るとくしゃみをする猿など、興味深い新種も含まれているという。新たに発見されたのは植物133種、魚類26種、両生類10種、無脊椎動物39種、爬虫類、鳥類、哺乳類がそれぞれ1種。ブータン、インド北東部、ネパール、ミャンマー北部、中国チベット自治区南部が調査対象となった。
「くしゃみをする猿」は、10年にミャンマー北部の森林で確認されたという。鼻が上向きのため雨中でくしゃみをしやすく、降雨時に頭部を膝の間に隠して濡れるのを避ける習性があるという。このほか、地上でも4日間生息できる「スネークヘッド」と呼ばれる青色の魚や、赤や黄など派手な色の毒蛇、バナナの3種も見つかった。
WWFによると、調査対象は「生態学的に脆弱な地域」で、昔ながらの生息環境が残っているのはわずか25%に過ぎないという。今後どうやって保護していくのかということも課題となりそうだ。